ユナイテッドシネマ映画情報

2022年9月公開予定

(C)2022 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.

ブレット・トレイン
※R15+作品となります。

2022/09/01(木)公開予定

世界で最も運の悪い殺し屋レディバグ。謎の女性から電話越しにブリーフケースを奪うよう指令を受けたレディバグは、気合たっぷりに<東京発・京都行>の超高速列車に乗り込む。しかし、それは彼にとって人生最悪な120分の始まりだった。
次々と乗りこんでくるキャラ濃すぎの殺し屋たちが、全く身に覚えのないレディバグに襲い掛かる。簡単な指令を果たしてすぐ降りるだけの任務のはずだったのに……時速350kmの車内で繰り広げられる、決死のバトル!予期せぬ最悪が折り重なり、終着点・京都に向けて<絶望>が加速する――

(C)2022「百花」製作委員会

百花

2022/09/09(金)公開予定

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田将暉)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田美枝子)。ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。
そんな中、突然、百合子が不可解な言葉を発するようになる。「半分の花火が見たい・・・」それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。
だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになる。
「半分の花火」とはなにか?ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる―――

(C)2022 映画デリシャスパーティ♡プリキュア製作委員会

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!

2022/09/23(金)公開予定

世界中のおいしいお料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、人々の「おいしい笑顔」を守るべく活躍するプリキュアたちの姿を描く。ある時、おいしーなタウンに遊び放題、食べ放題の“お子さまランチのテーマパーク”「ドリーミア」がオープンする。
コメコメたちは園長のケットシーにお子さまランチをおごってもらうなど、みんなで楽しく遊んでいたが、ローズマリーがぬいぐるみになってしまい……。

2022年8月公開予定

(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

ONE PIECE FILM RED

2022/08/6(土)公開予定

世界で最も愛されている歌手、ウタ。
素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。
そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。
色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、
そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、
ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。
物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出すー。

(C)2022 「ハウ」製作委員会

ハウ

2022/08/19(金)公開予定

婚約者にあっさりフラれ、人生最悪の日を迎えていた役所職員・赤西民夫。
横浜で一人空虚な日々を送る彼は、上司から飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。
犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。
とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。
民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、何をするにもいつも一緒な“2人”の絆は次第に深まり、 いつしかかけがえのない存在となっていった。ハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだがー・・・。

(C)2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

異動辞令は音楽隊!

2022/08/26(金)公開予定

犯罪捜査一筋30年の鬼刑事 成瀬司は部下に厳しく、昭和さながら犯人逮捕の為なら法律すれすれの捜査も辞さない男。
家族もろくに構わず一人娘・法子からはとうに愛想をつかされている。そんな成瀬は高齢者を狙った「アポ電強盗事件」が相次ぐ中、勘だけで疑わしい者に令状も取らず過激な突撃捜査をしていたが、そのコンプライアンスを無視した行動が仇となり、突然上司から異動を命ぜられる。
刑事部内での異動だろうと高をくくっていた成瀬だったが、異動先はまさかの<警察音楽隊>だった――。